準中型免許※ご入所日は現在予約制になっています。

平成29年3月12日に道路交通法改正により「準中型免許が新設されました。

免許区分図

サンプル画像
図の緑色の部分が新設される準中型免許の区分です。
・ 普通免許で車両総重量 5t 未満まで運転可 ( 旧免許制度 ) から
・ 普通免許で車両総重量 3.5t 未満まで運転可 ( 新免許制度 )  に
平成29年3月12日 改正となりました。

現有免許別 料金表(H29.3.12現在)

サンプル画像
※「準中型5t限定免許」とは、H29.3.11までの「普通免許」です。

準中型免許 よくある質問

準中型免許は、何歳から取れますか?

18歳から取得できます。

準中型を取得するのに必要な免許や条件はありますか?

何も免許を持っていなくても取得できます。
条件としては、視力が両眼で0.8以上、
かつ一眼でそれぞれ0.5以上(眼鏡等による矯正可)
及び深視力検査という検査があります。

準中型免許に、「AT限定」はありますか?

「AT限定」免許はありません。

教習では、どのような車を使うんですか?

トラック形の教習車で教習します。
トラックの形はしていますが、
大きさは普通自動車の教習車とほぼ同じサイズです。
※初めて免許を取得する方は、前半は普通自動車を使用します。

平成29年3月12日の改正前に普通免許を取得した場合、その普通免許は改正後はどうなるのですか?

改正前に普通免許を取得された方は、
改正後は「準中型(5t限定)」免許となり、自動的に格上げされます。
運転できる車の大きさ等に変更はありません。

「準中型(5t)限定」免許の「5t限定」を解除すれば、準中型免許となるのですか?

そのとおりです。「5t限定」を解除すれば、準中型免許となり
運転出来る車の大きさの範囲が広がります。

「準中型(5t)限定」免許の「5t限定」を解除するためには、どのような教習になりますか?

「5t限定」解除の教習時限は、
技能教習のみで、最短教習時限が4時限となります。

準中型に関するお問合わせ

準中型免許に関してご不明な点があれば
お気軽にお問合せください。
サンプル画像